現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • パーツ/原型、カタログ
  • ORDER
  • SHOP LIST
  • SILVERSMITH&STAFF
  • SHOP BLOG
  • LINK PAGE
  • 特定商取引に関する法律

ACCESSORY

商品コード: 21R-MC002#16〜21R-MC002#26

21R-MC002 : RING / MAYA CALENDER MEDAL

※こちらの商品は、受注製作品の為、3~4週間前後で発送になります。

※MATERIAL :
・21R-MCS002S (SILVER 925 TYPE) ¥21,000-(+tax)
・21R-MCS002B (BRASS TYPE) ¥10,000-(+tax)

※画像RING SIZE : 21

※オーダー可能サイズ : #16-26

※BRASS(真鍮)ベースのリングは、個人差もありますが使用
してると金属の性質上、指が黒くなる場合があります。
水洗い、石けん等ですぐに落ちますが、お肌の弱い方や真鍮
での金属アレルギー等お持ちの方は御遠慮下さい。

※品切れの場合は製作致しますのでメール、も
しくは電話にてお申し付け下さい。
納期は2〜4週間となります。
Tel : 03-6804-9602
Mail : galciacc@gmail.com

PRICE(tax in) 11,000〜23,100 円

通常価格: 10,000〜21,000 円

ポイント: 500〜1050 Pt

RING MATERIAL:
RING SIZE:
個数:

カゴに入れる

※こちらの商品は、受注製作品の為、3~4週間前後で発送になります。

※MATERIAL :
・21R-MCS002S (SILVER 925 TYPE) ¥21,000-(+tax)

※画像RING SIZE : 21

※オーダー可能サイズ : #16-26

マヤ暦(スペイン語: Calendario maya)
先コロンブス期のメソアメリカ、及びグアテマラ
の高地やメキシコの一部などの中央アメリカ各地
の文明地域(マヤ文明)で使用されていた暦法で
ある。

マヤ暦の本質は、これらの地域で遅くとも紀元前
5世紀から一般的に使用されていたシステムに基づ
いていると考えられている。
それは古くはサポテカ文明やオルメカ文明などの
メソアメリカ初期から、以降はミシュテカやアス
テカ暦など、多くの面で共有されていた。

植民地時代にユカテコ語で書かれた文献や、古典
期および後古典期の碑文から復元されたマヤ神話
の伝承によれば、神イツァムナーが彼らの祖先に
暦法や文字などのマヤ文化の知識をもたらしたと
神としてしばしば登場する。

EAGLE
鷲は、強さ、勇気、遠眼、不死などの象徴として使われ、
空の王者や最高神の使者とも考えられた。神話では、
ギリシャ神話ではゼウス、ローマ神話ではユーピテル、
ゲルマン部族ではオーディン、ユダヤ教やキリスト教の
聖書では神、キリスト教芸術では福音記者ヨハネなどに
関連して使われた。
メキシコでは国章になっています。

・サボテンの上で蛇を咥える鷲
メキシコの国章(メキシコのこくしょう)アステカの伝説に由来する
デザイン。
サボテンに立つ蛇を咥えた鷲は、アステカの民が首都を決めるために、
ウィツィロポチトリ神の神託により「サボテンの上に蛇を食らう鷲が
いる土地」を探して200年の間彷徨った伝説。

※こちらの商品は、受注製作品の為、3~4週間前後で発送になります。

※MATERIAL :
・21R-MCS002B (BRASS TYPE) ¥10,000-(+tax)

※画像RING SIZE : 21

※オーダー可能サイズ : #16-26

※BRASS(真鍮)ベースのリングは、個人差もありますが使用
してると金属の性質上、指が黒くなる場合があります。
水洗い、石けん等ですぐに落ちますが、お肌の弱い方や真鍮
での金属アレルギー等お持ちの方は御遠慮下さい。
このページのTOPへ
Copyright(C)1999-2017 galcia All rights reserved.