現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • パーツ/原型、カタログ
  • ORDER
  • SHOP LIST
  • SILVERSMITH&STAFF
  • SHOP BLOG
  • LINK PAGE
  • 特定商取引に関する法律

ACCESSORY

商品コード: 17NT-GML001SB

17NT-GML001SB : PENDANT / GUADALUPE MARIA

※MATERIAL : SILVER & BRASS

SILVER : LOPE RING, MARIA

BRASS : M, PLATE, XIII

※サイズ 

縦 約 48mm(バチカン含む最大値)

横 約 24mm(最大値)

バチカン部分内径 : 約 8mm

※品切れ中の場合は、製作致しますのでメール、

もしくは電話にてお申し付け下さい。

素材変更のオーダーも受け付けますので

ご相談下さい。

納期は2〜4週間となります。

Tel : 03-5433-3656

Mail : galciacc@gmail.com

PRICE(tax in) 29,150 円

通常価格: 26,500 円

ポイント: 265 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

・グアダルーペの聖母

(スペイン語 : Nuestra Señora de Guadalupe、英語 : Our Lady of Guadalupe)は、カトリック教会が公認している聖母の出現譚の一つであり、メキシコで最も敬愛されている宗教的シンボルである。

・JUAN DIEGO(フアン・ディエゴ)

1531年12月9日、メキシコ・グアダルーペのインディオ、フアン・ディエゴ

の前に聖母が現れたとされる。

聖母は、司教に聖母の大聖堂を建設する願いを 伝えるよう求めた。

病気の親類の助けを求めにいこうとしていたディエゴが話しかける

聖母をふりきって走り去ろうとした時、聖母は彼を制止し、親類の回復を

告げた。

ディエゴが戻った時、病気だった親類は癒されていた。

聖母に司教へしるしとして花を持っていくよういわれたディエゴは、

花をマントに包み、司教館 に運んだ。

司教館に花を届けた際、ディエゴのマントには聖母の姿が映し出されていた。

・13 (XIII ローマ数字)

キリスト教神話においては、サタンを13番目の天使であるとする設定があり、

これは土着神話のキリスト教化の中で北欧神話の話を元に生まれたとされる。

このことから、英語では13のことを「悪魔のダース」(devil's dozen)とも呼ぶ。

アメリカ合衆国は建国時の州の数が13(独立十三州)であるため、当初は建国

に縁のある吉数とされていた。

同国の1ドル紙幣の裏面や国章には、「13葉ついたオリーブの枝と13本の矢を掴

む鷲」や鷲の胸にある「13本の縦縞模様(ストライプ)が描かれた盾」、さらに

「13の星」、「13層のピラミッド」など13に因んだものがあしらわれている。

しかし、その後の13にまつわる凶事や様々な迷信等により現在では忌み数となっ

ている。

原初人間が身体で計算できた数は手指の10と両足の2、計12であり、それを上回

る13は「不可能(未知)の数」であるから本能的に恐れたとする説。

トランプのキングといえば、一番の権力者です。

その一番である王様が「13」という数字になった理由、実は「13」という数字には、

パワーがあるからという話があります。

権力者にとって「13」という数字は重要なものを表しており、これはカバラなどの

数秘術では、「12+1」として「世界」の「もう一つ上層の世界」をあらわされてい

ます。

つまりは、「世界」の上に立つ、統べるという解釈が成り立つわけです。

1年12ヶ月、1ダース12本、というように殆どの単位が「12」であるのに対し、「13」

はその「12」に「1」を足した数字です。

この「1」を足すという事に意味があり、上記の「もう一つ上層の世界」や「支配」

などを意味しているそうです。

つまりは、王様などに代表される「支配者」たちは、「13」という数字の本来の

意味を知っており、そして、この数字のパワーに気づかれたくなかったが故に、

わざと忌み数として、一般に流布したといわれています。

チェーン別売り

・NC-FCL002 50cm ¥13,000-(+tax)
このページのTOPへ
Copyright(C)1999-2017 galcia All rights reserved.