現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • パーツ/原型、カタログ
  • ORDER
  • SHOP LIST
  • SILVERSMITH&STAFF
  • SHOP BLOG
  • LINK PAGE
  • 特定商取引に関する法律

ACCESSORY

商品コード: R-MC001BB-#16〜R-MC001SC-#16

R-MC001 : El día de muerto / La Catrina「死者の日」貴婦人)

※MATERIAL
・R-MC001K10YG ・ K10YELLOW GOLD & SILVER ¥108,500-(+tax)
K10YG : RING BASE
SILVER : ROSE , MARIA

・R-MC001SB ・ SILVER 925 & BRASS ¥25,000-(+tax)
SILVER : RING BASE
BRASS : ROSE , MARIA

・R-MC001SC ・ SILVER 925 & COPPER ¥25,000-(+tax)
SILVER : RING BASE
COPPER : ROSE , MARIA

・R-MC001BB ・ ALL BRASS ¥15,000-(+tax)

・R-MC001BC ・ BRASS & COPPER ¥15,000-(+tax)
BRASS : RING BASE
COPPER : ROSE , MARIA

・R-MC001BS ・ BRASS & SILVER925 ¥17,700-(+tax)
BRASS : RING BASE
SILVER : ROSE , MARIA

※RING SIZE : 16

※その他のサイズ・素材での変更、受注生産可能です。
(16以下のサイズでのオーダーは同じ値段になります。
17以上のサイズは1サイズにつき¥1,000-(+tax)アップします。)
TEL(03-5433-3656)またはCONTACTページよりお問い合わせ下さい。

※加工可能SIZE : 10 - 22
(上記以外のサイズも製作可能ですが、リングの内径が真円に
ならず若干楕円形なります。)

※BRASS(真鍮)ベースのRINGは、個人差もありますが使用し
てると金属の性質上、指が黒くなる場合があります。
水洗い、石けん等ですぐに落ちますが、お肌の弱い方や金属
アレルギー等お持ちの方は御遠慮下さい。

PRICE(tax in) 16,500〜119,350 円

通常価格: 15,000〜108,500 円

ポイント: 750〜5425 Pt

MATERIAL TYPE:
個数:

カゴに入れる

MATERIAL

R-MC001SB ・ SILVER 925 & BRASS ¥25,000-(+tax)

SILVER : RING BASE

BRASS : ROSE , MARIA

イメージコンセプト/モチーフ・・・  メキシコ/「死者の日」のパレードで、よく見かけた女の子から成人女性のメイクがモチーフ。

大道芸人の女性もしてました。

画像 2010 MEXICO CITY / PHOTO : SAKAMOTO

画像 2011 MEXICO CITY / PHOTO : SAKAMOTO

・Día de los Muertos スペイン語: 死者の日

11月1、2日メキシコにおいては盛大な祝祭。

11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日とされ、

供え物が骸骨の顔の砂糖菓子からメスカルなどの酒に

変わっていくそうです。

この骸骨の砂糖菓子にチョコレートなどで装飾した物が「SUGAR SKULL」

と呼ばれるものです。

日本での「お盆」。

この日にパレードや先祖お墓参りに、

子供や若者顔が白塗りで骸骨調のメイクを

していく文化がメキシコではあります。

MATERIAL

R-MC001K10YG ・ K10YELLOW GOLD & SILVER ¥108,500-(+tax)

K10YG : RING BASE

SILVER : ROSE , MARIA

MATERIAL

R-MC001BB ・ ALL BRASS ¥15,000-(+tax)

MATERIAL

R-MC001BC ・ BRASS & COPPER ¥15,000-(+tax)

BRASS : RING BASE

COPPER : ROSE , MARIA

MATERIAL

R-MC001BS ・ BRASS & SILVER925 ¥17,700-(+tax)

BRASS : RING BASE

SILVER : ROSE , MARIA

ディエゴ・リベラは、 壁画 「アラメダ公園の日曜午後の夢」

CATRINA/カトリーナ(貴婦人)とは、 CATRIN/カトリン(伊達男)

からきた造語。

カトリーナと呼ばれるこの骸骨は、 死者の日には様々な形で必ず参加

しているが、 その基となっているのは、1910年にメキシコの 風刺画家

ポサダによって描かれた、 calavera garbancera (ヒヨコマメ売りの頭骸骨) 。

骨だけの頭にフランス風の羽飾りのついた 帽子をかぶっているその姿は、

自らの境遇とはあまりにかけ離れた、 華やかなヨーロッパ文化に憧れる

メキシコ人への、強烈な風刺だった様です。 その後ディエゴ・リベラは、

壁画 「アラメダ公園の日曜午後の夢」 の中にその骸骨を描いて、 これを

カトリーナと名づけた様です。

壁画の中のカトリーナは全身像で、 貴婦人のように着飾ってポサダの横

に立っています。
このページのTOPへ
Copyright(C)1999-2017 galcia All rights reserved.