現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • パーツ/原型、カタログ
  • ORDER
  • SHOP LIST
  • SILVERSMITH&STAFF
  • SHOP BLOG
  • LINK PAGE
  • 特定商取引に関する法律

ACCESSORY

商品コード: WCS-SW004SB

WCS-SW004SB : CALAVERA WALLET CHAIN

※MATERIAL : SILVER & BRASS

※TOTAL-LENGTH : 約 45cm

※素材、パーツ、長さの変更は出来ますのでメール等でお問い合わせ下さい。

また、御購入済みの商品での持ち込み加工も受けていますので、お気軽に御相談下さい。

galciacc@gmail.com

PRICE(tax in) 260,955 円

通常価格: 241,625 円

ポイント: 2416 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

翼部分から出ているフックの丸線、カラベラの顔部分、リボン、キーホルダーの受けはBRASSパーツです。

CALAVERA / カラベラ

(メキシコでのアートや民芸品で作られた頭蓋骨の呼び方)

メキシコには死者の日という、日本のお盆の様な日がある。

お墓をマリーゴールドの花でにぎやかに飾り付け、こっちに帰って来る大好きな死者を喜ばせるために、街ではパレードや仮装行列が盛大に行われる。

DIA DE MUERTOS / DAY OF THE DEAD/ガイコツ祭、死者祭とも言われる。

メキシコでは、死は消えてなくなるものではなく、生へと繋ぐもの、再生を意味し、いつか必ず訪れる死を、笑顔で迎えられるように、毎日を大切に楽しく生きてる。

そんな思いも込められている。

また、ガイコツには自由を意味するという説もある。

スペインの植民地だった事もあり、ガイコツになれば生前縛られていた人種や民族、肌の色が関係なくなるという理由です。

リボン文字 : メメント・モリ( memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を記憶せよ」などと訳される。芸術作品のモチーフとして広く使われ、「自分が死すべきものである」ということを人々に思い起こさせるために使われ、日本語直訳では「死を思え」、意訳では「死生観」と言える。

この部分にKEYHOLDERが装着出来ます。

(KEYHOLDER付き)

3mm RUBY 付き

4mm幅 甲丸線 10×12mm

※TOTAL-LENGTH : 約 45cm

※参考 WALLET : BG-W002SBP : BACKLASH 別注

キー加工の商品は参考商品です。

参考 WALLET : AGW001SR : AtelierCherry & galcia WALLET/ Regular
このページのTOPへ
Copyright(C)1999-2017 galcia All rights reserved.